弁護士選びで迷ったら


弁護士を選ぶ場合には、その状況に合わせて選ぶ事も重要になってきます。例えば会社が上手くいっている場合に、更に業績を上げて行こうと思っている段階で選ぶ弁護士と、あまり経営が上手く行っておらず、業務を縮小するか、従業員をカットするのかを悩んでいるくらいの業績が悪化しているような場合とでは全く状況が異なってきてしまいます。

特に顧問弁護士を雇おうと思っている方で、少しでも業績を回復させようと考えている場合には、過去に企業を再生させた経験のある弁護士を選ぶのも重要になって来ております。会社の内面からしか見られていないような場合には、法的な立場から第三者目線でのアドバイスというのはとても重要になってきます。行き詰っている現状を変えてくれるアドバイスを貰える可能性があるからです。

また、あまり弁護士を利用した事がない方の場合には、とりあえず大きな弁護士事務所に相談に行き、これまで企業と契約して活躍してきた経験の多い弁護士を紹介してもらうという方法もあります。もちろん大手ですので、それなりに契約料は高いかも知れませんが、大手ならではの実績と経験がありますので、失敗する可能性が極めて低いのがポイントになります。もし弁護士選びで迷った時の参考にしてください。

参考サイト〈企業法務に強い顧問弁護士なら弁護士法人アディーレ法律事務所〉


弁護士の選び方


大企業だけでなく中小企業の方も、顧問弁護士と契約される方が、ここ日本でも増えて来ています。顧問弁護士との契約は、毎月顧問料を支払わなければいけませんので、確かに痛い出費だと感じるかも知れませんが、法律的なトラブルが増えている日本にとって、必ず必要になってくる物ですので、現在、まだ顧問弁護士との契約をしていないという方は、なるべく早目に顧問弁護士との契約を検討してください。

弁護士を雇う場合には、企業法務に強い弁護士との契約をする事が重要になります。弁護士にも離婚や交通事故、刑事事件など得意としているジャンルがありますので、必ず企業法務に強い弁護士を選ぶようにしてください。

企業法務に強い弁護士を効率的に選ぼうと思ったら、まずは過去の実績をしっかりと確認してください。特に自分の会社と同じ業務をしている会社の顧問弁護士をしている実績があれば、会社こそ違えど、即戦力の弁護士さんとの契約をする事ができます。こういった弁護士の場合には、業務についての理解度が高いので、問題が起きたら動くのではなく、問題が起きそうな部分を事前にチェックして、対策を採ってくれますので、トラブルの解決ではなくトラブルが起きないようにしてくれるといったメリットがあります。