赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が確実かも?

息子がインフルエンザにならないための接種につれて行きました。

私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射針を注入されています。

予防接種終了後は怖い!と伝えていました。

必要以上に怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も語れませんでした。

赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、きわめて大変なことに達します。

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで亡くなることも想定できるでしょう。

インフルエンザが蔓延している時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が確実かもしれません。

いわゆる乳製品でなくても、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ調べてみたら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。

このことを知ってましたか?私は30年以上生きてきて、初めてわかった事実です。

内臓の調子をしっかり整えておくと肌の調子がよくなると聞いて、実際、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む「乳」というその名の通り、乳酸菌は乳製品からしか摂取できないと思い込んでいました。

これではちょっと恥ずかしい思いがします。

オリゴ糖は乳酸菌を増やす役割としてクローズアップされています。

実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌の活動は活発になり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、腸内環境を良くしてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖は双方とも内臓の働き向上や健康には欠かしてはならない重要な成分ということができます。

アトピーは乳酸菌を摂取することで、改善できる可能性があります。

アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという抗体が生まれます。

そしてこのIgEという抗体があまりに多く作られてしまうと、過剰反応が発生してしまって、アレルギーが起こってしまうのです。

ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。

便が出ない事って絶対に一生に一度は誰でも体験するものだと思います。

私もその一人で、大変な時は一週間便が出ないこともあります。

便通を良くする薬もありますが、個人的にはを飲むのに抵抗があるので、ごく自然に排便を促してくれるオリゴ糖で改善しています。

お腹に優しく作用してくれるのがいいですよね。

元来、乳酸菌が身体に優しいことはわりと知られた事実ですが、一方で効かないという説もあります。

これも本当かもしれません。

どうしてかというと、体質には個人差というものがあるほか、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、すぐに効く薬ではないからです。

自分に合うかどうか確認してから考えてみてください。

ベストな乳酸菌の摂取時間ですが、決まったものがありません。

目安の量と回数は商品パッケージを見れば、書かれていますから、目安はそれにして下さい。

その日の摂取量を一回にして摂取するのに比べて、回数を数回に分けた方が、効果があるやり方です。

ツボで聞くことが多いのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところにある天枢(てんすう)というツボです。

へその下5cmくらいの腹結というツボにも同じように効果があると思います。

手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。

便秘の種類によっても、効果的なツボが異なるので、ピッタリのツボを押すと改善に効果的でしょう。

参考:羽毛布団クリーニングの完全個別洗い!全国対応のおすすめ業者はココ
URL:https://www.qb4all.com/