食事を酵素ドリンクなどに置き換えて栄養素を摂るファスティング

近頃、トピックにあがってるファスティングダイエットなる物は如何なるダイエットなのでしょうか?

ファスティングとは絶食のこと要するに、食事をとらないダイエットです。

とはいうものの、食事を酵素ドリンクなどに置き換えするので、栄養素は摂れるというわけです。

こうすることで、確実に体重が減じますし、毒成分排出の効果などもあります。

年齢が上がるにつれて低下していく基礎代謝を何とか補いたくて酵素サプリに目をつけましたが、種類が多いので、どれを買えばよいのか悩んでいました。

色々探していると徐々に、独自の製法にこだわった酵素サプリがみつかり、効果がありそうなので、試してみることにしました。

酵素ドリンクというものは、自力で作ることもできちゃいます。

特に旬の果物を使ったりすると飲みやすく美味しいです。

バナナや梨などのフルーツには酵素がたくさん含まれているので、火を通さないでそのままミキサーでジュースにするのみで簡単に酵素の摂取が可能でしょう。

食材次第で、消化、吸収を目的として不可欠な酵素の種類は状況によりきりです。

例を挙げれは、日本人の主食であるお米でしょうが、米に含んでいるでんぷんを糖に分解するために、アミラーゼという酵素が必需成分となります。

さらには、タンパク質を分解するにはペプシンという酵素が必要不可欠なわけですね。

体重を落とすためには食べないという方法も有効です。

プチ断食する人が増えているのはまず間違いなく、体重を減らせるからでしょう。

でも、間違えた方法でプチ断食をやってしまうと、頭が痛くなったりフラフラしてしまうこともあるので、注意しなくてはいけません。

実行する前にちゃんと調べて、正しく断食をしましょう。

実は私、酵素ドリンクダイエットにチャレンジしています。

決して安いものではないので、せっかく飲むなら一番効果の感じられる飲み方にしたいですよね。

空腹の時間帯に飲むのと、満腹時に飲むのを比べるとしたら、どちらの方が効果的なのでしょう。

いろいろ調べてみたのですが、答えは見つかりませんでした。

なので、とりあえず空腹時に飲んでみる、置き換えダイエットをしてみることにしました。

プチ断食の回復食というものは本当の意味での断食による回復食よりも、単純なものでかまいません。

ただ、なるべく内臓に負担がかからない、重湯やフルーツ入りヨーグルト、グリーンスムージーなどのような消化吸収の楽なものにすると適しているでしょう。

少ない量にするのも大事です。

私が働いている会社は20代から30代の女性が多く勤務しているので、昼休憩はダイエットの話題で盛り上がる機会も少ないとは決して言えません。

その中で近頃、ブームになっているのは酵素を摂取するダイエットと糖質の摂取を制限するファスティングです。

しかし、両方のダイエットを一緒に実行している人はいらっしゃらないようですね。

健康のため、また、体重を減らすために、ファスティングを実行する人が増加傾向です。

しかし、ただ食事を摂取しないというやり方では健康な身体に悪影響を与えます。

特に尿の検査をしてケトン体が検出されたときは、栄養不足の状態を示しているので、栄養不足にならないように上手にファスティングを行うことが肝要です。

このごろ、よく耳にする酵素を食事から摂取する痩身術ですが、酵素が入った飲料や酵素が入ったサプリメントといった商品の原材料にどのような素材が使われているか分からず、不安を持っていました。

原材料に残留している農薬やリスクが高い添加物は、どんなことがあろうとも絶対に体に入れたくありません。

しかしながら、成分や製法ををきちんと明記した商品なら、不安なく使えます。