歯並びが整うことで全体的な雰囲気が変わると身をもって経験

多くの方がご存知のように、歯科矯正は歯並びの治療としてはごく一般的です。

ですが、気を付けてほしいことがあります。

もともと定着していた歯並びを強制的に動かして形を整えるため、歯や歯茎に負荷を与えていることになります。

完璧な歯並びを目指して絶対に中断しない、と決めつけてしまわないようにしてください。

私は娘2人に歯列の矯正治療を受けさせることにしました。

必要な費用は、上の子が85万円弱と、もう一人の子は治療本数の関係で、60万円いかない程度の値段でした。

世間では70万から100万ほどかかるのが一般的だと言われますし、昔、私も歯科矯正をして、歯並びが整うことで全体的な雰囲気が変わると身をもって経験したことがあったので、代金が高額でも理解した上で治療をすすめました。

大人になるにつれて歯並びがますます気になるようになり、歯科矯正を決意しました。

矯正の方法自体は子供の場合と変わりませんが、大人は子供と比べて顎の骨が固まっていますから、少しずつ時間をかけて矯正を行う以外にないのです。

大人の場合、舌のクセも定まっているので、この点も時間をかけて直さなければなりません。

治療完了までには平均して2年くらいの時間は必要ですから、今から矯正するなら、審美歯科になるべく早く相談することを推奨します。

状況や体質によって違いますが、歯列矯正の施術においてはいくばくかの苦痛は避けられないものと思われています。

とはいえ、歯科分野の医療技術は徐々に進歩していますので、苦痛を伴わない歯列矯正を行っているクリニックも段々多くなっているようです。

矯正をしたいけど痛みがネックだ、と思っていた人も、今後はその心配と無縁になるかもしれません。

電動歯ブラシも年々進化しており、最近では歯のホワイトニングの機能を謳ったものも登場しているようです。

マウスピースと薬剤で行うのとは異なり、着色汚れを落とすだけですが、毎日使っていると歯の表面が再生しきれないので、使用は一週間に一度くらいにしておきましょう。

それに、歯が全体的に綺麗になるわけではないですから、あまり期待しすぎるのも禁物ですね。

加えて、歯並びを歯科で矯正してもらっているときにも、磨き残しに気を付けるようにするといいですね。

歯科矯正の技術が上がったとはいえ、まだ痛みはあり、主に二種類、瞬間的な痛みと継続的な痛みがあります。

痛みがより強烈なのは、瞬間的な痛みのほうでしょうが、継続的な痛みというのも、それはそれで精神的に参るものがあります。

ワイヤーで歯を動かすことで感じる痛みのほか、矯正に用いるブラケットが口の中で引っかかり、傷に冷たい飲食物がしみるなどの痛みが有り得ます。

大人なら治療の完了までに2年から3年はかかりますから、とてもそんな苦痛は我慢できないという方には、無理して歯科矯正を受けることは勧められません。

美人は口元で決まると言われていますね。

歯並びが悪ければ、なんだか全体の印象まで下がってしまいます。

歯並びでお悩みの方には歯科矯正がお勧めです。

矯正にかかる費用は意外と知られていないようです。

口内の状態や体質によって治療期間も変動してくるので、なかなか費用が定まらないのが実際のところです。

治療内容は患者さんの状態によりますから、まずは歯医者さんで相談してみる必要があるといえるでしょう。

歯を白くするホワイトニングの施術にとって、喫煙の習慣は大敵となるものです。

中でも特に、自宅で毎日続けるタイプのホワイトニングなど、ホワイトニングを徐々に進めていくタイプのやり方なら、日々処置を進める分だけ煙草で悪化してしまうということもあります。

このため、ホワイトニングを成功させたいなら禁煙を徹底することは必須と思ったほうがいいです。

また、歯列矯正を受けている際にも同じく禁煙しなければなりません。

最近は技術が進んできた歯科矯正ですが、その原理を知っておくといいでしょう。

ワイヤーやブラケットという器具で歯を押さえつけ、おかしな位置や角度で生えている歯を本来の位置に持って行って、噛み合わせや歯並びを調整します。

年配の方には、盆栽の針金かけと言えば通じるかもしれません。

矯正の際に使用する器具は、歯並びを治すマルチブラケットの他、永久歯を抜歯する際に用いるホールディングアーチなどがあります。

また、矯正した歯をそのままの位置に固定するためには、当面の間、リテーナーという装置を装着しておくことになります。

本当に消しゴムのように歯の黄ばみを落とせる、ホワイトニング消しゴムが店で売っていたので、買ってみることにしました。

あまり頻繁な使用は控えるようにと書いてはあったのですが、みるみる白くなるのが面白くて、頻繁に使っていました。

歯を削って汚れを落としているだけなので、使いすぎると歯を傷付けるばかりか、内部組織が露出することで却って黄色く見えたりすることが想像できなかったのが私の失敗です。

さらに、歯科矯正が先日完了したばかりだったので、そのことも消しゴムによるダメージをさらに強めたのかもしれません。

参考:歯に着色しにくい飲み物を気にせず楽しめる家庭用セルフLED
URL:https://www.jaybellredbird.com/