全ての不動産会社が良心的とは限らないから注意が必要

急がば回れという言葉がありますが、高額な取引となる不動産売却では一層、慎重に慎重に検討していかなければなりません。

第一に警戒しなくてはいけないことでは、全ての不動産会社が良心的とは限らないという点があります。

仲介契約をしているにも関わらず売る気を見せなかったり、常識外れの安価で買いたたかれたりすることもあるので、選ぶときは用心しましょう。

わずかでも怪しげなところを感じたなら、契約するべきではありません。

「今すぐ家を売りたい」と思っても、ちょっとやそっとで買いたいという人が現れるわけではないのが不動産物件の難しいところです。

だとすると、不動産売却にかかる期間は平均すると、何日程度だと思いますか。

例えば、マンションだと平均で約3ヵ月、戸建ての時は6ヵ月くらいが平均だと言われます。

ただし、平均ですから、いつまで経っても売れないこともあるでしょう。

売却の計画を立てる際は、そこも考えなくてはいけません。

めでたく不動産の買い手が見つかり、既に契約が成立しているのに、気が変わって売りたくなくなったとか、他の人に売りたいというように心境や事情が変わって売却の話をなかったことにしたいなら、契約を破棄することもできます。

ただし、違約金の支払いが契約で定められていたり、貰ってあった手付金を返還する際も倍返しにしなくてはいけないため、契約を進めるときは細心の注意を払ってください。

不動産物件の売却時に必ず行う名義変更には、物件の売主側では、登記済権利証、そして、印鑑証明書、それも、3か月以内に取得したものを準備しなくてはいけないものとなります。

滞り無く決済が終わったら、即日、名義変更も法務局に行って手続きしなくてはいけません。

この時は、3ヶ月以内に発行した印鑑証明の取得費だけでなく、登記事項証明書代、それから、登録免許税が必要です。

登録免許税は、固定資産税の1000分の4という規定になっています。

不動産売却に際しての立ち退きの時期は、基本的には好きに売り主が決めていいことになっています。

ただ、住居人がいない状態で売り出した方が売却価格が上がる傾向があります。

住居人がいる場合、内覧時から顧客に嫌われる要因になってしまいますので、なるべくなら退去を早めに済ませておいた方が有益な点が多くなると思います。

不動産業者を選び間違うと、物件の売却に失敗してしまうでしょう。

自分たちの利益しか考えないようなひどい業者が多数存在するのです。

査定の価格が相場に合致していないものだったり、全く宣伝をせずに物件を売れないままにしたり、必要ないほど大げさに広告活動をしたあげく、広告費として高いお金を支払うようにいってくるなど、多様な被害例が存在します。

誠実な仲介業者をみつけるためにも、一社としか連絡を取らないなんてことはやめて、一括査定を利用し、よく考えて選ぶと失敗しにくいです。

もし不動産の売却を考慮しているなら、築年数のことが引っ掛かるかもしれません。

築年数で売却価格が上下するのは確かです。

戸建てのケースなら、築10年が経っていれば概ね建物の査定価格はゼロになって、一般的に土地の価格だけになります。

なお、マンションの売却でも築年数が浅ければ浅いほどベターですから、戸建てと同様に考えられ、築10年がボーダーラインになっています。

良い不動産屋で不動産売却を行いたいと思ったら、どうやって選べばいいのでしょうか。

重要となるのは、その不動産屋が得意な分野に売りたい物件が当てはまるかどうかです。

不動産屋次第で、マンションや一戸建てなど強みを持っている分野が異なるので、依頼する不動産屋の強みに所有物件が合致するように選ぶことがポイントなのです。

そして、例えば全日本不動産協会といった団体への加入の有無も、業者として信用を持てるかの基準として見ることができます。

何かと話題になったマイナンバーを提示しなくてはいけないことが不動産物件を売却する時にあるでしょう。

常に必要ではなく、売り主が個人であるケースで、買主が不動産会社などの法人の場合のみです。

もし、その場合だとしても、売却の金額が100万円以下の場合、マイナンバーを提示する必要がないのです。

マイナンバーの提示が必要な時には、買主が税務署に提出しなければならない書類にマイナンバーを書く必要があるので売り主側がマイナンバーを提示しなければなりません。

少しでも安く買いたいのが買う側の本音ですので、当初設定した売値で不動産物件が売却できるケースはとても珍しくて、資金が足りないから下げてくれないかと価格交渉される取引がほとんどでしょう。

価格交渉をしてきた場合には、買い手側の姿勢をよく観察するようにしましょう。

もし、これから住むために買うのなら、しっかり考えた上で、購入希望を伝えてきていますので、いわれるがままに交渉に応じなくても、買ってもらえることが多いようです。