何かを口にしたら必ず歯磨きをする習慣をつける

殆どの矯正治療では歪んだ歯に直に器具を装着しますので、きちんと歯磨きをしていると思っていても食べ物が残ったまま取れないという注意点があります。

こうした汚れは、虫歯や口臭の元凶になりますから、何かを口にしたら、必ず歯磨きをする習慣を付けましょう。

綺麗に磨くコツは手間を惜しまず一本ずつきちんと磨ききることです。

弱めの力で、優しく磨くのもポイントです。

歯の矯正治療の最中というものは、物が噛みにくくなっており、痩せたという話もあります。

また、矯正終了後には反対に体重が増加するという話もあります。

矯正している間は十分に食べられなかったことへの反動で、歯止めが効かず食べてしまうようです。

長期間の矯正治療の結果、整った歯並びになったとしても、スタイルが悪くなっては勿体無いので、矯正中や矯正後の食事の管理にも注意を払いましょう。

本当に消しゴムのように歯の黄ばみを落とせる、歯の消しゴムというものがドラッグストアに売っていました。

あまり頻繁な使用は控えるようにとパッケージにも書かれていましたが、みるみる白くなるのが面白くて、頻繁に使っていました。

消しゴムはあくまで表面を削っているにすぎず、頻繁に使用すると歯を削りすぎて弱めてしまうということを、後から歯医者さんに聞いて知ったのです。

また、ちょうど歯科矯正が終わったばかりという時期だったので、それも歯にダメージを与える一因になったのかもしれません。

矯正期間中の食事制限はどんなものでしょうか。

歯に強い負担がかかるようなものは基本的に食べられません。

固くて噛み切れない肉、それに煎餅などは、力を入れて噛む必要がありますから、控えておくべきです。

加えて、餅なども歯にくっついてしまって、歯が動いて矯正に影響が出るため、硬いものと同様、食べないように注意されることが多くなっています。

ホワイトニングの施術を進めていく上で、「天敵」と言えるのが喫煙です。

中でも特に、自宅で毎日続けるタイプのホワイトニングなど、薬液を少しずつ染み込ませてホワイトニングをしていく方法においては、毎日コツコツと処置を続けている意味がないということにもなります。

ですから、せめてホワイトニングの最中だけでも、極力、煙草を吸わないことが絶対に大事なのです。

ちなみに、歯科矯正の最中にも、喫煙は我慢するべきですね。

歯が白くて綺麗でも、肝心の歯並びが良くなければ全体的に不細工の印象を受けてしまいます。

歯並びでお悩みの方には歯科矯正がお勧めです。

治療費はどのくらい必要なのでしょうか。

患者さん一人一人の状況に応じて手法や治療期間も変わるため、一人一人で必要な額が異なるのが実際のところです。

治療期間や手法は人それぞれに合ったものがあるので、担当医に詳しく教えてもらうのを推奨します。

基本的には便利なホワイトニングですが、その失敗例としては、綺麗な白い色が出なかったり、全体が同じ色調にならず、ムラが出る場合もあるのです。

歯の質によってはホワイトニングが効きにくかったりして、人によってさまざまな原因がありえます。

しかし、その場合でも、時間をかけて繰り返しのホワイトニングで効果は得られます。

歯列矯正の場合と同様ですが、綺麗な白い歯を得られるかどうかも人によって異なります。

歯科矯正は、歯の表面にワイヤーを付けるという印象がありますが、表面だけではなく、裏面にワイヤーを付ける手法も今は出てきています。

ワイヤーを裏側に付けるタイプの場合、周りに見えないのが最大の利点ですが、歯科医の高度な技術が必要な上、治療期間も長くなるなどのデメリットも存在します。

表側のほうは、見た目に不恰好だという悩みはありますが、今はブラケットも昔ほどゴテゴテしておらず、透明のものもあるので、なるべく周りに目立たないものを選択することで、いくらか気楽になるでしょう。

私はここしばらく、歯のホワイトニングを重点的に行ってきました。

白い歯は健康的な印象を与えると思っていたためです。

しかし、それだけでは意味がありませんでした。

見た目が白くなっても、歯に負担をかけすぎてしまって、歯茎は弱くなっていきました。

ホワイトニングのことばかりで、歯茎のケアができていなかったのです。

歯の美白ばかりを意識していたので、歯茎が次第に弱くなっていくことに気付かず、氷水のような冷たい飲食物が沁みるようになって痛みを覚えます。

また、歯並びの矯正もしておけばよかったと今は思います。

歯科矯正のブラケット(器具)を装着してから、取り外せるようになるまでの時間は、人によって差が出ますが、最短の場合でも一年、長いと三年程度はかかると思っていいでしょう。

ケースバイケースなので、場合によってはもっと早くできることもある一方、もっと時間が掛かる可能性も覚悟しなければなりません。

大人になってからの歯列矯正には時間がかかりますので、一日でも早く専門の歯科医に相談するべきです。

参考:セルフホワイトニングLEDライトの効果は?口コミでも評判のマシン
URL:https://www.kerryntolhurst.com/